3章 仕事とエネルギー - その1
運動とエネルギー
中学校3年 理科

  • ・理科で扱う仕事は、力の大きさと力の方向に動いた距離の積であることを知る。
    道具を用いて仕事をしても、仕事量は直接手でする仕事と同じであることを見いだす。
    ・仕事率により、仕事の効率が表せることを知る。
    ・エネルギーに関する実験を通して、エネルギーには位置エネルギー、運動エネルギーがあることを知る。
    ・力学的エネルギーに関する実験を行い、運動エネルギーと位置エネルギーが相互に変換されること、力学的エネルギーが保存されることを知る。
    ・エネルギーには弾性エネルギー、電気エネルギー、熱エネルギーなどさまざまなものがあり、互いに移り変わることを見いだす。
    ・エネルギーが変換されるときにエネルギーが保存されることを知る。
    ・エネルギー効率は器具によって異なることや、熱の伝わり方には伝導、対流、放射があることを知る。
3章 仕事とエネルギー  - その1
3章 仕事とエネルギー  - その2
その他の動画